Phoenix Eyeとは

最新のAIアルゴリズムを搭載したAI外観検査アプリケーションです。
従来のルールベースでは実現できなかった難易度の高い検査に対応可能です。
カメラやPLC等の現場設備と直接接続することが可能で、簡単操作かつ高精度な検査で製造現場の効率化と検査品質の向上を実現します。

お問い合わせ

製造現場における課題

  • 目視検査で見逃しが発生しており、検査精度を向上させたい
  • 検査作業者の経験によって検査精度にバラつきが生じている
  • 外観検査システムを導入したいが、何から始めるべきか分からない
  • 従来のルールベース外観検査システムを導入したが、
    精度が不安定かつ設定調整の手間が大きいため苦労している
  • AIベンダーに検査モデルの開発を頼むと再学習の度に料金が発生し費用対効果に見合わない

導入後の期待効果

ロバスト性の高い検査が可能

AI(ディープラーニング)によって従来の外観検査では難しかった表面状態が複雑な金属や繊維、形状変化がある食品でも検査が可能です。

検査基準の標準化

AI(ディープラーニング)では「人の感性による判断」や「熟練検査員が検出する微細な欠陥」をモデルに学習させることにより、同一検査基準で高精度検査を実現できます。

運用コストの低い検査が可能

AI画像検査では検出対象を認識して安定的な検査が可能であるため、頻繁にしきい値を調整する必要がなく、「調整工数削減」が期待できます。

AI外観検査アプリケーションのラインナップ

Phoenix EyeはAI外観検査に特化したプロダクトです。 独自開発のアルゴリズムで高速かつ高精度な検査が実現可能です。 既存のシステムとの併用が可能なため、導入のハードルが低いのが最大の特徴になります。 AIモデルの学習/検証を行う「Phoenix Vision」と現場でオンライン検査を行う「Phoenix Eye」の2つのアプリをリリースしています。

AI学習アプリケーション|Phoenix Vision


◆複数のAI検査アルゴリズム
・分類
・検出
・セグメンテーション
・良品学習
◆ルールベース
◆オフライン検証

AI画像検査アプリケーション|Phoenix Eye


◆カメラ接続
◆PLC接続
◆リアルタイム検査
◆AI/ルールベースのハイブリット検査
◆結果データ蓄積/再テスト機能

Phoenix Eyeの強み

高い検査精度
  • 独自開発のアルゴリズムを搭載
  • 精度を維持したまま高速な処理が可能
  • 従来のルールベースアルゴリズムとの併用が可能
導入のハードルが低い
  • ラベル付け作業等の簡単なUI操作
  • 少ない画像から始められ、検査
  • 既存の外観検査機との併用も可能
ワンストップソリューショ
  • カメラ・照明・排出機構等の設備のトータル提案が可能
  • 機材変更や、初めての外観検査機を導入する方もワンストップでサポート

他社との比較


 

実際の事例

カーペットの汚れ検査

表面に模様など濃淡がある製品の欠陥も不良部分のみ検出ができます。 目視では簡単に不良箇所が分かりますが、従来の外観検査システムでは良品の模様(濃淡)に反応してしまい検査不可でした。 ディープラーニングでは破れの特徴自体を学習して検出するため、通常の模様部分に反応することなく自動検査が実現します。

鉄板の傷検査
鉄板の傷検査

表面状態の複雑な金属表面の微細な傷も正確に検出できます。従来のルールベースでは、良品部分の濃淡差にも反応するため検査が不安定になりますが、検出したい不良のみ学習させることで、安定的に不要箇所のみ検出が可能です。

ソーセージの残骨検査
ソーセージの残骨検査

ソーセージの内部に混入している骨を高精度に検出することが可能です。従来の検査装置では、X線画像で色が濃くて鮮明に写る大きな骨しか検出できないため「残骨の見逃し」が発生しておりました。 弊社では、前処理技術と最新のAIアルゴリズムを組み合わせることで微小骨や異物の検出をかつてない高精度で実現しました。

お問い合わせ

導入フロー

Q&A


Q.従来の画像処理とはどう違う?

A.色の濃淡差や塊の個数などのルールに落とし込めない検査や撮像条件の変化しやすい環境下における検査など、従来の画像処理では実現不可能な検査ができます。


Q.どのような業界で実績がある?

A.主に自動車業界や食品業界での実績があります。
その他にも医療機器業界やインフラ業界等の幅広い実績があります。
実績を踏まえて詳細をご説明できればと思いますので、お気軽にご相談ください。


Q.AIを導入するメリットは?

A.主に検査精度の向上と人員削減によるコストカットになります。
熟練した検査員と同じ検査基準に設定できるので、高精度で常に稼働することができます。


Q.以前も検査の自動化を試みたが、検出難易度が高く断念した

A.弊社のPhoenix Vision/Eyeは独自開発のAIアルゴリズムとルールベースを併用によるハイブリッド検査が可能です。ワークを送付頂いての無料診断テストを実施しておりますので、お気軽にご相談ください。


導入前に無料診断テストを実施

AI導入が初めてのお客様でもご安心してご検討いただけるように、弊社では初期のテスト・レポート作成を無償でサポートしております。 最新のアルゴリズムで検証可能、複数のモデルで比較検討いたします。

現場確認

現場確認

現場環境に合わせた撮像条件の検討

ワークテスト

ワークテスト

製品撮像・AI検査モデル検証

レポート作成

レポート作成

報告書の作成、検証内容のご説明