DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)という⾔葉⾃体は最近⽿にする機会が増えたと思います。

⽇本におけるDXの定義は経済産業省が2018年に取りまとめました。
その定義とは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活⽤して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変⾰するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業⽂化‧⾵⼟を変⾰し、競争上の優位性を確⽴すること」となります。
今まで培ったデータやデジタル技術を活⽤し、企業活動をより効率的に、より成⻑させていく仕組みがDXになります。

DXとは

DX化のメリット

では、DX化を導⼊することで企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット

日本の企業が抱えるDX化に向けての課題

上記のようなメリットから、現在様々な企業で導⼊を進める動きがある⼀⽅で、導⼊を悩んでいる企業からは以下のような悩みをよく⽿にします。

  • DX化をしたいと思っているがどのように進めればいいかわからない
  • DX化をしたくてもできる人材がいない
  • DX化で⾃社がどう変わるかイメージが付かない
  • DX化とは何かわからない

VRAIN SolutionができるDX化支援

DX化を推進していくにあたり、初めての企業は様々な「わからない」に直⾯するかと思います。
VRAIN Solutionではその「わからない」を最先端の技術と製造業に特化した豊富な知識で⼀つひとつ解消し、DX化を実現できるように⽀援することがミッションとなります。

幅広い業界の様々な課題解決を経験

サービス数実績(2021FY)

人材育成

VRAIN SolutionではDXを推進していくにあたり、
社員の⽅がDXを理解し、実⾏できることが理想だと考えております。
そのため、1⼈でも多くのDX⼈材を育成できるような仕組みを⽤意しております。

● 製造業向けAI講座 AIに関する基礎知識から現場導⼊におけるノウハウまで事実例を取り上げながらレクチャー

● AI開発ワークショップ 課題設定や⼿法の選定、評価等の⼀連の流れを実際のデータを⽤いて、ワークショップ形式でレクチャー

人材育成

データ分析

VRAIN Solutionでは各企業様が現在抱えている課題から今後起こりうる課題に対して、様々な⼿法を⽤いながら解決のサポートを⾏っていきます。

● AIソリューション⽀援 実際の取得されたデータを⽤いて、ワークショップ形式で、AI開発の流れを習得

● アルゴリズム開発⽀援 技術的難易度の⾼い開発課題に関して、AIや最適化アルゴリズムの調査‧選定‧開発‧検証を⽀援

データ分析

開発実装

VRAIN Solutionではお客様のDX化をアドバイスだけではなく、テーマの選定から実⾏までサポートいたします。
「何をしたら良いか分からない」という状態でもテーマ選定、検証、開発、運⽤まで⼀つひとつ課題をクリアにしていきお客様のDX化を⽀援していきます。

● プロダクト組み込み⽀援 開発したアルゴリズムについて、現場ラインやエッジデバイスへのシステム実装を⽀援

● MLOps⽀援 AIモデルの学習/推論フローを構築し、継続的な運⽤を⾏うシステムの開発を⽀援

開発実装
パッケージラインアップ

Q&A


Q.どのような業界で実績がある?

A.主に自動車業界や食品業界での実績があります。
その他にも医療機器業界やインフラ業界等の幅広い実績があります。
実績を踏まえて詳細をご説明いたします。


Q.興味はあるけど何から相談していいかわからない

A.弊社では課題の選定から解決までをワンストップでサポートしています。
些細な疑問点でも丁寧にお答えいたします。


Q.人材育成について、社員の知識レベルがバラバラだけどできるか

A.弊社では⼀⼈ひとりにあった最適な学習プランを作成します。ゴールが同じとしてもスタートが⼀緒とは限らないので⼀⼈ひとりのスピードに合わせた内容を提案します。


Q.他社で依頼したことがあったけど求めていたことができなかった

A.弊社では実績豊富なエンジニアが従来の統計手法から最新のアルゴリズム解析まで、様々な手法を用いて解決策を模索します。