Phoenix Analyzerとは

最新のAIアルゴリズムを搭載したAI異音振動検査アプリケーションです。
従来の波形データ解析では実現できなかった難易度の高い検査に対応可能です。
マイクや振動センサから得られたデータをリアルタイムで解析することが可能で、簡単操作かつ高精度な検査で製造現場の効率化と検査品質の向上を実現します。

製造現場における課題

  • 音や振動の品質検査で官能評価に頼っている
  • 加工状態や加工設備の異常判定・予兆判断がしたいが何から始めるべきか分からない
  • 検査作業者の経験によって検査精度にバラつきが生じており、検査基準を統一化させたい
  • 従来の波形解析手法ではルールを作る手間が大きく、判定精度にも限界がある
  • 検査作業者の育成に時間がかかり、技術継承が難しくなっている

導入後の期待効果

ロバスト性の高い検査が可能

AI(ディープラーニング)によって従来の波形解析手法をもとにした検査では難しかった、単純な閾値を引くだけでは判定できない検査や複数パターンの振動を見分ける検査も可能です。

検査基準の標準化

AI(ディープラーニング)では「人の感性による判断」や「熟練検査員しか判定できない異音・振動」を学習させることによって、同一検査基準で高精度な検査を実現できます。

運用コストの低い検査が可能

AI異音振動検査では学習したデータに対して安定的な検査が可能であるため、頻繁にしきい値を調整する必要がなく、「調整工数削減」が期待できます。

AI異音振動検査アプリケーションのラインナップ

Phoenix AnalyzerはAI異音振動検査に特化したプロダクトです。
音や振動の波形データを画像化し、AIに学習させることによって良否判定が可能となります。
独自開発のアルゴリズムで高速かつ高精度な検査が実現可能です。
AIモデルの学習/検証を行う「Phoenix Vision」と現場でオンライン検査を行う「Phoenix Analyzer」の2つのアプリをリリースしています。

AI学習アプリケーション|Phoenix Vision


◆波形データ画像化
◆AI学習
◆ルールベース
◆オフライン検証

AI異音振動検査アプリケーション|Phoenix Analyzer


◆デバイス接続
◆リアルタイム検査
◆AI/ルールベースのハイブリット検査
◆結果データ蓄積機能

Phoenix Analyzerの強み

高い検査精度
  • 独自開発のアルゴリズムを搭載
  • 精度を維持したまま高速な処理が可能
  • 従来のルールベースアルゴリズムとの併用が可能
導入のハードルが低い
  • ラベル付け作業等の簡単なUI操作
  • 少ないデータから始められ、検査とともに精度が向上
  • 既存の設備との接続も可能
ワンストップソリューショ
  • 排出機構等の設備のトータル提案が可能
  • 機材変更や、初めての検査を実施する方もワンストップでサポート

他社との違い


 

実際の事例

排気ファンの異音監視

従来のルールベースでは誤検知を起こしていた紛らわしい変動成分に対しても、AIで学習させることで正確な判定が可能となりました。また、分割検査機能によって、長時間のデータに対しても安定した検査を実現しました。