ユースケース

鮭フレークの
⾻混⼊検査システムの構築

相談内容

鮭フレークに混⼊している⾻の検査を⾃動化したい

企業様の課題

‧現在⽬視で検査しているが、正確に検査できる検査員が限られている
‧検査員が⾼齢化してきているが、後継者の確保が難しく、⾃動化を考えている

お客様の声

現在は作業員が⽬視で⾻を取り除いている。

勤続の⻑い作業員が多く、熟練のスキルを持っているが後継者がいないのと、後継者を採⽤しても同じスキルまで育てるのにかなりの時間を要する。
そのため、将来的には検査の⾃動化を検討してる。

現在の検査の流れ

AI外観検査機の導⼊を勧める理由

AIによる⾃動外観検査の導⼊をオススメします。

AIによる⾃動外観検査であれば⾻の⻑さや太さが異なっていても正確に検出できるため、検査漏れを極⼒防ぐことができます。また、⾻は基本透明で判断が難しいですが、AIであれば特徴を把握し、検出することができます。

従来のルールベースでの検査ではAIのように柔軟な検査ができないため、AIの検査機を導⼊した⽅が貴社の求める検査基準を満たせると考えます。

私たちの提案

Our Solution

AI外観検査ソフトウェア「Phoenix」をおススメします

VRAIN SolutionのAI画像検査システム【Phoenix】では

独⾃開発のAIアルゴリズムを搭載しており、少ない学習で精度の⾼い検査が可能です。また、検査を実施すればするほど精度の向上が⾒込めます。

学習も検査も⾮常に簡単な操作になっているため、特別なスキルもいらずだれでも扱うことができます。

VRAIN Solutionでは、初めて外観検査機を導⼊する場合、カメラや照明といった必要な設備もトータルで提案いたします。AI検査機と合わせて設備⼀式をVRAIN Solutionが⼀括で担当することで掛かるコストと導⼊までの時間を⼤幅に削減することができます。

提案する現場での活用方法

無料ワークテスト

検査内容

鮭フレークに混⼊している⾻の検出

検査要件

⾻が正確に検出できているか

検査の対象

鮭の⾻

検査の結果

現場で撮影されたサンプル画像を学習⽤と検査⽤に分けてワークテストを⾏った結果、95%検出することができました。

⾻の形や⼤きさに影響を受けず、ほぼ正確に検出できています。

⼀部鮭フレークの隙間を⾻と認知していたため、誤検知が起きてしまいましたが、学習を増やしていくことで精度が向上していくでしょう。

少ないサンプル数でも結果が良好だったため、追加で学習をしていくことで貴社が求められる検査基準にも対応可能と考えます。

装置構成図

外観検査機【Phoenix Eye】の特徴

・独自開発のAIアルゴリズムで高い検査精度を実現
・少ない画像から始められ、検査とともに精度が向上
・⾮常に簡単な操作で専⾨的な技術はいらない
・希望する撮像条件に合わせてカメラ‧照明‧排出機構等
 といった機材の提案をワンストップでサポート

▶︎ Phoenix Eyeの詳細ページへ

導入までの流れ