ユースケース

コネクタの配線検査システムの構築

相談内容

コネクタの配線の確認検査を⾃動化したい

企業様の課題

‧現在⽬視検査で⼀つずつ確認している
‧⾃動化は課題ではあったが、進まなかった

お客様の声

現在は⽬視検査でコネクタに接続している配線の位置と⾊を確認している。精度はそこまで問題はないが、検査⼯程の⾒直しを考えている段階。

検査の⾃動化は以前から議題に上がっていたが、そのような知識に疎く、話が進まなかった。

現在の検査の流れ

AI外観検査機の導⼊を勧める理由

AI画像検査機であれば機械学習(ディープラーニング)を活⽤することで少ない画像でも⾼精度な検査を実現できます。

学習させることで⾃動で検査する仕組みになりますので、⼈の作業も極端に少なくなり、今まで検査を担当していた⼈を別の作業に割り当てることでも⽣産性の向上を図ることができます。

私たちの提案

Our Solution

AI外観検査ソフトウェア「Phoenix」をおススメします

VRAIN SolutionのAI画像検査システム「Phoenix」では⾮常に簡単な操作で学習させることができ、⾼精度の検査を実現します。

Phoenix」では良品学習というAIアルゴリズムが搭載されています。
良品のみを学習させることで良品モデルを作成し、そのモデルをベースに検査を⾏っていくことで、良否の判定をします。
学習させる操作も検査設定も⾮常に簡単にできるため、検査の熟練度に関係はありません。VRAIN Solutionでは、初めて外観検査機を導⼊する場合、カメラや照明といった必要な設備もトータルで提案いたします。トータルで提案をすることで、掛かるコストと導⼊までの時間を⼤幅に削減することができます。

提案する現場での活用方法

無料ワークテスト

検査内容

コネクタの配線確認

検査要件

配線が良品と同じ状態であるか

検査の対象

コネクタに接続する配線の設置場所、配線の⾊検査

検査の結果

現場で撮影されたサンプル画像でワークテストを⾏った結果、100%検出することができました。
配線の場所や⾊の違いも検出できることから⾼い精度での検出が可能と判断いたします。
少ないサンプル数でも結果が良好だったため、追加で学習をしていくことで貴社が求められる検査基準にも対応可能と考えます。

装置構成図

外観検査機【Phoenix Eye】の特徴

・独自開発のAIアルゴリズムで高い検査精度を実現
・少ない画像から始められ、検査とともに精度が向上
・⾮常に簡単な操作で専⾨的な技術はいらない
・希望する撮像条件に合わせてカメラ‧照明‧排出機構等
 といった機材の提案をワンストップでサポート

▶︎ Phoenix Eyeの詳細ページへ

導入までの流れ