AI外観検査

カーペットの汚れ検査

表面に模様など濃淡がある製品の欠陥も不良部分のみ検出ができます。
目視では簡単に不良箇所が分かりますが、従来の外観検査システムでは良品の模様(濃淡)に反応してしまい検査不可でした。
ディープラーニングでは破れの特徴自体を学習して検出するため、通常の模様部分に反応することなく自動検査が実現します。